靴業界の動向

suzpanでございます。

靴業界はビックリするくらい、元気ないですね。残念過ぎる゚(´;ω;`)

 

それはそれで、とりあえず経済的な側面、今回は利益率から考えてみましょう。

株式会社ベースではありますが、数値が出ているところから見ていきます。

 

靴業界トップはABCマートらしいっす。

 

利益率二桁をキープしておりますね。売上の大半はスニーカーでしょうね。

売れてるんだなあ。色々な噂も聞きますが、それはココではスルーしておきますwww

 

 

2位にはリーガル・コーポレーションが入ります。

さすが、日本の雄!

 

ただし、利益率はいきなり、5%を切り3~4%だそうです。

利益率が片手無いってのは問題ですね。

100万円売って、経費を差し引いたら、会社には3,4万円しか残らないってことか、、、。

給料が上がりにくい構造になってしまいますねえ。

 

もっと細かい数値はみなさん調べてみてください。

 

それにしても靴業界は経済的問題以外にも人的問題はさらに大変です。

若い人が継がなくなり、後継者問題は明確になっているようです。

相当な靴会社数が毎年廃業しています。農業に近いような気もします。改革必須です。

 

 

誰もこんな靴業界で良いとは思ってないでしょうが、そうなっているのが現実だったりするんですよね(溜息)

 

 

自分の役割はそんな靴業界に多少でもクサビを打ち込ませていくことかなとwww

 

素人目線ではありますが、結果を残します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です