My Life, Shoe Life

ジャランじゃらーん

はいどーも、革靴人の鈴木でございます。

 

ジャランといえば旅という方も居るでしょうが、インドネシアと思う方は靴好きに違いない( ̄▽ ̄)

 

自分が持っているこのジャランはもちろん、インドネシア産。

多くの方がジャランを推す理由は、やはりコスパでしょう。

 

ハンドソーンで3万円台というのは確かに安いですね。

ただ、気を付けていただきたいのは、コスパって言葉だけに囚われると面倒かもしれないってこと。

 

ハンドソーンの特徴である反りの良い中底は最高ですが、その仕組み上、リウェルトを含む修理については容易ではありません。

コスパを重視しつつ長きに渡り靴を履くのであれば、製法の特徴を理解した上で、ウェルトを痛めないような履き方と定期的なメンテが必須になります。

 

「コスパ」という言葉は人によって異なりますからね、気を付けましょう。

いやあ、ジャランについては突っ込みどころもありますが、楽しさもあります。

こうした靴は楽しいですねえ。

 

ということで、ではでは。

 

動画は編集中っす(;・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。