My Life, Shoe Life

宮城興業のオーダー靴を長く履くと…

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

もうね、昨日は横になって寝たのが早朝なので、今猛烈に眠いっすよ( ;∀;)

 

さてさて、宮城興業のカスタムメイドオーダーの靴。

長年履いていると、木型と自分の足型の差分や好みが結構明確になってきます。

 

直近のオーダーでは26.0cm/Cウィズ/乗せ甲アリってのが多いですね。

同時期にオーダーしたES木型とCS木型があるんで、この二つは単純比較できます。

 

正直なところ、踵~踏まず部に関してはどちらも問題無く大差無いんすね。

しかしながら、踏み付け部~爪先が捨て寸が異なるので、そこで歩行性能に若干の差が出てます。

 

微々たる差ですけど、CS木型は捨て寸が長いので、爪先が地面をしっかりと蹴ることができます。イイ感じです。

ただ、革底のままだと相当に削れるんすよ、、、

自分の蹴るチカラが強いのか、トウスチールすら相当削れてソレの交換時期を考えないと(;・∀・)

自分にとってはCS木型ならばトウスチール必須!

 

革底ならば、自分の足とバランスが良いのはES木型なんですね。

踵の接地から爪先で蹴り出すまで、無駄なく地面にチカラが伝わってます。

 

自分の歩き方で長距離歩くならば、ES木型かな、、、と。

ただねえ、CS木型のチゼルトウ気味のちょいボリュームがあるスクエア木型の方がテンション上がるんすよ。

 

 

自分にとっては、どちらもテンションがあがり、足にもそこそこ合っているので「良い靴」なんですけど、

結局のところ甲乙つけがたいっすわ(・∀・)

 

ビスポークで相性が良い人を見つけて、何足も作ったら、また違うんでしょうけど

金と時間が掛かるだろうなあ、、、(;´・ω・)

 

 

ということで、明日は水曜日なんで、店舗定休日です。

 

よろしくです。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。