My Life, Shoe Life

レジ袋有料化とか、どうなんでしょうねえ

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

レジ袋が今年7月から有料化されるとかマジ面倒っすねえ。

一般的なレジ袋は完全に有料化( ;∀;)

 

0.05ミリ以上の分厚い袋、分解される袋、商売形態によっては対象外だったり、意外と闇だったりする(;・∀・)

 

ウチの店では靴をご購入いただいた方には、綿100%のエコバッグにもなる手提げカバンに入れてお渡ししております。

基本レジ袋を使用していませんので、特に法律的には問題ないっす。

 

でもねえ、自分の生活でレジ袋ってほぼ100%ゴミ袋として使ってるんすよ。

有料化されると、ウチではゴミ袋を購入するようになります。

そうするってえと、経済的には、お金が回るので良いかもしれませんが、環境的には好影響があるとは到底思えないんすよね。

この辺は、人それぞれの考え方でしょうけど、自分はそんな風に考えております。

 

さてさて、ココからは靴関係ではどうなるのか?

革靴を扱っているような店舗ではココ最近では紙袋が多いですね。リーガルやスコッチグレインなどで購入するとほぼ紙袋っすね。

大手量販店(例えばA●Cマート)では、オリジナルデザインのビニール袋を扱っておりますが、これはどうか!?

そうした店の袋は大抵分厚いので、今回のレジ袋案件の対象外みたいです。

 

では、靴関係では今回のレジ袋は関係ないか!?

 

自分が思いつくのは

 

靴の修理屋さん。

 

大手の修理屋さんではなく特に個人店。

こうしたお店ではレジ袋を使っている場合が多いんです。

 

なのでね、もし修理屋さんに靴を持参する際には、靴を裸で持参するのではなく、

紙袋などの袋を持参して、一緒に預けてきましょう。

 

そうすることで、色々な負担を減らしてみるのも良いかなと。

 

 

ということで、本日は以上でございます。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。