My Life, Shoe Life

踵の修理ねえ

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

今日の関東平野は雨模様でねえ、寒い上に雨という結構厳しいですねえ。

 

さてさて、本日はヒールの修理についてね。

 

皆さんは、履いている革靴で、どの程度削れたらヒール修理に出していますか?

革靴をよく知っている人は、化粧ヒールが削れきれる前に修理に出しますよね。

写真にあるような靴ならば、ヒールの一番下部分のラバー部分が無くなる前ってのが普通です。

 

 

ただね、ウレタンソールなどのソール全体が一体成型だったりする靴はどうするか?

もしアッパーが、まだまだイケるならば履き捨てにせずに修理するのもアリ。

※ウレタンソールをキチンと部分修理してくれるお店と断るお店がありますから、

ウレタンソールを修理できるお店を見つけましょう(;・∀・)

 

 

でもって、そうした靴は目安として7mmから10mm程度削れたら修理に出すと良いです。

というのも、これ以上削れてしまうと、靴のかかと周辺が型崩れを起こす可能性が高いからですね。

型崩れした靴は身体にも良くないっすよ。

 

 

皆さんのお手元にある靴で「踵が削れたら捨てよう」って思っている靴でも、まだまだ履けそうならば修理に出してみるといいっすよ。

ぜひ、街の修理屋さんに持っていって聞いてみましょう。

そうすることで、まだまだ履けるようになるかもしれません。

 

ということで、ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。