My Life, Shoe Life

靴磨き、、、というか靴修復、、、

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

先日、知人から靴を預かりました。

新婚旅行の時に購入したGucciの靴らしいです。

ただねえ、10年以上放置プレイされたらしいんです。

 

なので、、、

 

まあボロボロっす。

 

コレねえ、マッケイ縫い+ヒドゥンチャネル仕上げ。

かなりレアな感じ。

しかも革は問答無用にすんごいキメが細かいカーフ。

雰囲気からして、もしかしたらDUCAL製かな?って勝手に思ったわ( ´∀` )

 

さてどうすっか?

 

とりあえず、吟面が残っているので水分+脂分を入れたらそこそこ復活するんじゃね?

 

— — — — —

0. モウブレイのステインリムーバーで汚れを落として下準備。
汚れがほぼ付かないので、長期間放置されたのは間違いなさそう。

 

1. 先ずはデリケートクリームたっぷり。
全体的に吸い込むわあ。色差が出ないように薄く、、、薄く、、、重ね塗り。

 

2. 爪先や踵の削れ部分をフォローするのにライトブラウンの乳化性クリーム。
んー、やはり入ってしまうなあ。ライトブラウンで良かった(;・∀・)

 

3. 爪先の色差を無くす為に黒ワックスを薄く。
爪先だけ乾燥が激しいのでねえ、爪先の先芯部分と踵のカウンター部分だけに黒ワックスをちょいと入れてみました。

 

4. ソールには薄くミンクオイル。
ソールが、あまりにも乾燥して荒れているので、レザーソールリキッド+ミンクオイル。

— — — — —

 

 

でもって、まあ何とか履けるくらいになったかなと。

難しいことをしなくても、革が良いとそこそこは復活するねえ。

 

 

踏み付け部分のソールが限界に近いので、このまま暫く履くならば、ハーフラバーを貼る必要があるかなと。

ただねえ、革も放置期間が長かったので、このまま履くと割れるかもねえ。オールソールもありかなと。

 

 

あとは、本人に任せましょう。ここから先のケアはお金次第よ(-。-)y-゜゜゜

良い修理屋さんを探しておくと楽っすよ。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。