My Life, Shoe Life

カスタムメイドシューズの捨て寸

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

カスタムメイドシューズは色々なデザインと革選びができるので、楽しいですね。

お客様からデザイン別の爪先形状について質問があったので、書いておきます。

 

ES:ラウンドトウ

CS:チゼルトウ

MD:オブリークトウ

 

それぞれ特徴的な爪先ではあるのですが、

今回書くのは、爪先の捨て寸について。

 

 

捨て寸の役割ってのは、色々あるんですけど

靴の中で動く足の逃げ場だったり、歩きやすい靴の爪先形状を維持する為だったり、と意外に大事。

 

でもって、上記カスタムメイドシューズの捨て寸ですが、

MD<ES<CS

という順番に概ね約5mmずつ捨て寸が長くなっています。

もちろんサイズにより捨て寸のボリュームは異なりますが、MDとCSでは10mmも差分があるんですよ。

 

 

 

ですので、

ESのラウンドトウを履いていた人がCSをオーダーすると、ロングノーズ気味に感じることがあり、

ESのラウンドトウを履いていた人がMDをオーダーすると、寸足らずに感じることがあります。

 

 

特にウチに来る足が細い方がCSを発注すると、とても顕著にロングノーズ感は出ますね。

B、C、Dあたりの木型を注文する方には、あえて伝えておきますよ。

 

 

 

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。