My Life, Shoe Life

ヒドゥンチャネル(伏せ縫い)とかって、マジ面倒!

革靴人の鈴木でございます。

税務署への届出だったり、店舗内装の打ち合わせだったり、バカみたいに忙しい今日この頃ですが、

色々なことが初体験でして、なかなか面白い日々です。

 

さてさて、少し前に仕上げた靴のことなんですけどね、ヒドゥンチャネルと呼ばれますが、

いわゆる伏せ縫いってもので仕上げましたよ。

一般的には高級靴にしか存在しない仕様です。

でもね、これ

 

 

 

はっきり言って

 

 

 

超絶面倒くさい!

 

 

 

もちろんね、出し縫い糸が削れにくいから頑丈だとか、

糸が見えるよりもドレッシーだとか、

 

ユーザー側にはメリットがありますね。

 

 

但し、多くの靴メーカーにとっては、手間ばかり掛かってしまうのに、手間賃も大して発生させられず、メリットなんて殆どありません。

 

もちろんね、靴メーカーがユーザーにその辺りの手間と優位性を告知&啓蒙活動をしていれば別ですけど、

そんな経営者は今のところ居ないですよね。

 

現在、頑張っているメーカーでも九分仕立て(すくい縫いのみ手製で、出し縫いは機械)ってのが妥協点なのかなと。

すくい縫いだけでもハンドで行うことで、グッドイヤーの接着剤によるリブではなく、包丁で中底を削って作るリブが形成されて

靴の屈曲性能もあがりますから、良いですね。

しかし、そんな頑張っているメーカーでも伏せ縫いまでは、手間がかかってやってらんねえ!ってのが現状でしょうね。

 

 

そんな面倒な伏せ縫いですけどね、現在自分が個人的に作っているノルベジェーゼ製法においても伏せ縫いを実行する予定ですよ。

いつ完成するのか分かりませんけど、、、。

 

 

いずれにしてもね、安く伏せ縫いを試したい!って人が居たら、

オススメはRAYMARさんですね。

つか、ココ以外で伏せ縫いの靴が安いところってあるのか!?

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。