足元がしっかりしている人と雑な人

suzpanでございます。

オフィス業務のサラリーマンは大抵革靴を履いていますよね。

ここ数年、通勤途中ではサラリーマンの足元を見るようになってきました。

 

もう靴が好き過ぎてほとんど病気です(笑)

 

身だしなみに気を使っているリーマン: ケアされた黒や濃茶の革靴が多い※稀にスーツカラーと合っていない色を履く人も居たりするけど
身だしなみが行き届いていないリーマン: まったくケアされていない革靴、見るからに安そうな靴、合皮感満載の靴、ウレタン底の革靴、黒スニーカーなど
はっきり言って、足元を見てから、目線を上げて、その人を見ると、なんとなく納得できてしまう気がしませんかね(笑)

一言では言えませんけど、ケアされていない靴を履いている人や、雑な合わせをしている人たちは、他のことも雑なような気がします。
これは靴好きな人は大抵感じることではないでしょうかね?
おそらく靴や服装について誰にも教わったことが無いのかもしれませんし、自分で勉強したことが無いのかもしれませんね?

 

ちなみにリーマン以外の足元に目を向けると、、、

学生: スニーカー、ブーツなど※遅くともこの頃には骨格ができているのですが、デザイン重視、金額重視傾向なので、間違ったサイズを履いていることも多い。
中高生: 問答無用でローファー!※骨の成長過程なのに、しっかりと閉めるべき紐靴でないのはオカシイぞ!
小学生: 瞬●とかSU●ERSTARとかスニーカー※この頃に大き目の靴を履いている子供はマジ可哀想。靴の大事さを保護者が知っていれば良いけど、、、。
幼児: 数百円の格安メーカー、NIKE、アディダス、NEW BALANCEなどのスポーツブランド、高級ブランド(MI●IHOUSE)のスニーカー※親が子供の足を触ってあげて多少気にするのはこの時期だけかも、、、(泣)

社会に出るまではもっと親が足を見てあげるべきでしょうね。特に子供は自分で靴を買えませんからね。でも子供の足をしっかり気にしてあげる親は数少ないですね。残念です、、、。
このあたりは、今後の日本における課題でしょうね。

 

これから結構しんどいのは、、、

老人: ウレタン底スニーカーが圧倒的に多い※足に優しいと言われ、その言葉を信じ買ってしまったのだろうけど、本当ですかね?実際はひざへの負担が大きいっしょ。

日本社会の中で団塊世代までは親から「身だしなみをキチンとしなさい!」と言われていたはずである。社会全体も実際にそういう感じだった。
残念ながら、現在はそうではない。「個性を大事に」とかよく分からない教育方針にしてしまっていることから、雑な格好であったとしても、それが「個性」「ファッション」というくくりの中では「格好良い」となってしまうこともある。それが、なんとなく、各世代に伝播してしまっているのかもしれない。
70歳くらいのジイサンがジャージ+汚いクロックスで電車に乗ってくるのを見たこともある。
果たして、それで良いのかね?孫にそんなTPOを教えるか?お孫さんの将来を考えたら可哀想じゃね?どうせなら、足元からかっこよくしてほしいのよ。歳を重ねてもシッカリした革靴を履いてもらいたいところ。何度も言うことになるだろうけど、ウレタン底だと足、腰、背中への負担が大きいよ。

 

色々と気にしだすと、悩むし、金も使うけど、その人に合った服・靴・帽子を着用していくことで、その人が持つ魅力は倍増するのよね。

最初から結構な金額を使うことはないけど、靴はケアすれば長持ちするよ。個人的には服よりもコスパ良いんじゃね?って思ってる(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です