リーガル 2019イヤーモデル発表

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

今年も発表されましたリーガルのイヤーモデル2019年版です。

税込50,760円で、もちろん限定商品。

460足という中途半端な数ですけど、欲しいですねえ。

 

引用: リーガル 2019年イヤーモデル

パッと見はリーガルの定番っぽい感じですけど、コダワリをもって作っているようです。

 

特徴としては

 

1. アッパーにフランスタンナーによるカーフ素材。

デュプイでしょうかアノネイでしょうか。いずれにしても、良い革質でしょう。

 

引用: リーガル 2019年イヤーモデル

 

2. ソールにレーザーを用いて施した革靴イラスト。

※最初に見たときは、何が描かれているのか分かりませんでした(^_^;)

 

3. ボリュームがあるストームウェルトを使用

※写真で見る限りはストームウェルトではなく、スリットウェルトに見えますけどね。プロトタイプのみスリットウェルトを使っているのか、リーガルでこれをストームウェルトと言うのか、知りませんけどね(-_-)

 

4. ウェルトにある蝋引きステッチ

※これがすくい縫いでリブテープと縫われているならば出し縫い1回だけのノルベジェーゼ製法になりますけど、その旨が書いてないので、あくまでアクセントとしてデザインされているだけかもしれません。

 

良い素材を使って、手間も掛かっているので、もちろんインペリアルグレードになってます。

 

 

んー、カッコイイけど自分は触手が動かないかなぁ。

タラレバですけど、これをノルベで作っていて、サイドのすくい縫いステッチもチェーンステッチにしてくれていたら自分は間違いなく、買っていましたね。

リーガルという老舗ブランドのインパクトある新しいチャレンジとなったでしょうしね。

手間も掛かっていますから付加価値も加わるので、6~7万円といった高額商品となっても当然でしょう。

 

ぜひ、リーガルさん来年のイヤーモデルはリーガル定番のロングウィングチップをノルベでよろしくです!m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です