アメリカンな靴

はい、suzpanでございます。

手製靴を作りつつ、皆さんに提供したい靴をデザインしております。

 

一般的なメーカーはどうしても数を売らないといけないので、足が細い人にも太い人にも「履ける」靴である必要があり

幅や踵がどうしても太いんですよねぇ。まぁ、仕方ないですけどね。

 

自分が立ち上げるのは上記とは反対かなぁ、、、。

 

さて、今日手元にあった靴はコールハーン。

歴史のあるアメリカンなメーカーです。

細かいコールハーンの歴史は是非ググってください( ´▽`)

 

非常に力強いデザインの米国産革靴も、現在米国内で生産をしているのは、ほんのひと握り。

大抵はグッドイヤー製法で作っておりました。

 

コールハーンも米国内で発達した経済学の影響なのか、生産自体をインドへと移し、ほとんどの靴はマッケイ製法。

なぜかマッケイ製法なのにも関わらず、ウェルトに縫い目がある、、、。意味がない縫い目、、、。

確かに外観デザインは現在でもザ・アメリカンな感じ。

 

でもね、生産をインドに移して、グッドイヤー製法を捨ててしまい、意味無い縫い目を付けてしまうと、なんとなくアメリカ靴の魂が残っていない気がする、、、。

 

 

皆さんは、どう思います?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles