My Life, Shoe Life

吟スリした靴にパティーヌできるか!?

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

明日がスコッチグレイン本社セールは最終日。

行きてえなあ(;´・ω・)

 

 

さてさて、本日も動画をアップしました。

以前からお伝えしていましたパティーヌっすね。

 

パティーヌの方法でググると一般的には下記になります。

 

 

「アセトン使って、スピランで塗る!」

 

 

といった感じで、アセトン溶剤を用いて脱脂して、アルコール性塗料のスピランを塗るんです。

 

 

ただね、自分の場合はそれをYoutubeでやっても後追いにしかならないので

別の方法でパティーヌをしようかなと。

それが

 

 

「吟スリ&ローパスバチック」

 

 

でございます。

 

 

以前に吟スリ革を用いてカバンを作ってから色を塗った経験があるし、

アルコール性塗料は扱いが面倒なんで、水溶性塗料のバチックを用います。

 

 

耐光性などに多少なりの違いはあるでしょうが、あまりある使いやすさ( ´∀` )

 

 

ということで、本編です!

編集したらかなり長くなりそうなので、途中でぶった切ってます。

 

そのパート1です。

どぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。