46歳から靴屋を目指す

最初からディープなことを書くのはぶっちゃけ面倒ですが、少し書かせてください。

 

先ずは自己紹介。

suzpanと申します。オッサンです( ^ _ ^ )

2018年5月現在46歳でございます。

 

本年の3月まで映像関係の会社で海外営業を担当しておりましたが、
簡単に言えば、革靴が大好きな一般リーマンでございましたね。

靴屋を目指すきっかけになったのは2017年。
社内体制が変わり、人が大幅に削減され、業務が増え、売上向上の為に新規事業を無理して立ち上げ、
結果的に徐々に身体がズタボロになっていきました。

具体的には2017年8月と9月の2ヶ月間で会社に19泊してました。
※もしかしたら、もっと泊まっていたかもしれんが記憶に無い(笑)
朝までタップリ作業して、30分くらい会社で仮眠して、自宅に戻りシャワーを浴びてまた出社。

そんな生活をしていたら、10月冒頭、遂に身体が動かなくなりました。
この時も会社に泊まっておりましたが、副社長との打ち合わせなども全てキャンセルして
フラフラしつつ帰宅。

ガチでこの時に「死」を意識しましたね。

結果的に、その後3日間寝込みました※過労死しなくてマジ良かった(汗)

 

数日会社を休んで自宅療養したら直りましたが、「この仕事はもう限界だろうなぁ」と感じた45歳の秋でございました。

業務や業界自体は好きでしたから若い頃から長時間労働はまったく苦ではありませんでしたが、
やはり限界を超えるとね、身体的にキツイっすよね(涙)

言っておきますが、残業代なんてものは無かったです。

「残業代?なにそれオイシイの?」くらいに別世界のものだと思っておりました。

まあ、よくあるパターンです。

 

でもって「あと何年このハードワークが続くんだろうなぁ、、、」

とざっくりと考え始めて、自分の人生が他人によってコントロールされることに違和感を持ち始めました。

結果、11月頃には他の職を考え出しました。

後先考えずに辞めるのも、どうかと思っていたところ、やはり今まで好きなことで食べてきたのだから、

「今後も同様に好きなことをやって稼ごうや!」と思い、真面目に「好きなことで稼ぐ」と考えた結果、まったく別世界である「革靴」にたどり着いたわけです。

 

ここ7,8年で自分を靴キ●ガイにしてしまった革靴。

本当に偶然ではありますが、この転職を考え始めた時期に靴業界の方に多くお会いすることが多かったんですね。

登山靴専門靴職人、某有名革靴会社の社長、靴のSPAを行っている会社の方々、

なんとなく連続して、多くの方に会う機会があり、今思えば、めぐり合わせだったのかもしれません。

このときに色々考えさせられました。

靴業界のしきたりっておかしくね?
こんな売り方してたら、毎年廃業が多い事態に歯止め効かんだろ!?
子供たちの足が危険すぎるのに、何故だれも言わない!?
誰かがリスク取って、違う視点で進めてみたら面白いんじゃね?
海外から入ってきたモノは世界に輸出できるくらいに日本で高めているのに、何故靴だけは、こんなに停滞してる?
などなど、、、

靴が好きだからこそ、色々と思うところがあり、

結果

自分が考える靴を作って靴屋として売っていこう。

自分だけでなく、色々な人を巻き込んで作っていこう。

なんて思ってしまい、

2018年3月22日 めでたく退職 (ワッショイ!ワッショイ!)

周りからはサクっと決めたように言われていますが、
実はいろいろ考えていたんですよ。

とはいっても、素人が「靴屋やります!」っていったって、誰も相手にしない。

自分だって、ちょっと信用できないもんなあ。

なので、2018年5月現在、靴の構造を学ぶために、製靴教室に通っております。

このあたりも、今後話していけたらと思っております。

靴の販売や営業を学ぶ為に、販売会社に入るのも手かなぁ、、、などと考えておりますが、

現時点ではなんともいえません。

平行して将来の会社設立に向けた動きもしていきたいですねえ。

簡単に進むとは思っておりませんが、

そう遠くない将来には足にあった靴、履いていてテンションが高まる靴、を皆様にご提供させていただければと。

 

いつになるのかねえ。

 

 

つかできんのかよ!?

 

いやいや、やります!マジです!

 

 

自分は既成靴(ready-made shoes)の道で新しいことを行っていけたらと思案中。

だってねぇ、20代の若い人たちが気合入れてビスポークを頑張っている姿が散見されますから、ビスポークはそちらに任せるべきかなと。

しばらくは、靴好きヤローのブログになるかもしれませんけどwww

是非お付き合いくださいませ。

それでは、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です