靴メーカーの靴作り

はい、どーもsuzpanでございます。

 

どの業界でも同じなんですけど、靴メーカーでも働いている人も不満が多いんですよね。

婦人靴を作っている方からこんな話を聞いたことがあります。

 

 

「製靴スキルが無い人をパートに雇っているから、簡単な靴しか作れない」

「木型や設計にコストをかけていないから、完成した靴がダメすぎる」

「安い靴しか作っていないから、先輩方の技術が活用されていない」

「給料が安すぎ!」

 

 

まあ、イチバン最後の言葉が全てかもしれません。

今は「安い靴しか売れない」時代といえます。多くの靴メーカー経営陣はコストを下げることが喫緊の課題ですから、どうしても上のような不満に行き着いてしまうんでしょうね。

 

 

こういった業界のルールを変えるか、それともルールに従うのかは、靴業界の中にいる人が決めるしかありません。

市場が多様化する現在、一極集中するヒット商品は出にくいでしょう。

そうした多様化に対応できなければ、淘汰されるメーカーも出てくるでしょう。

だからこそ、色々な変化を遂げるメーカーが出てくるのかなと。

 

今後、靴業界の変革が個人的には楽しみです。

良い方向に行くと良いなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です