良い革が無い!

はい、どーもsuzpanでございます。

 

いきなりですけどね、お題の通りなんすよね。

日本では良い革が手に入らなくなってきてます。

色々な理由があるみたいですけどね、革を使う産業にとっては、困る感じになってきているのです。

 

1. 中国などの流通量が多いところに良い革が多く流れる

2. 世界的な牛肉離れによる、原皮量の減少

3. アメリカでのホルモン注射が増えたことによる、肉牛大国である米国産原皮の急速な減少

4. 革価格低迷により著名タンナーの経営難

5. ヨーロッパの仔牛食文化減少によるカーフ素材減少

 

まぁ、他にもありますけど時の流れですね。

 

だからねえ、昔から靴産業に従事している人は

 

「昔は良い革が多かったんだよねえ」

 

という言葉をよく聞きますね。

 

合皮も質は良くなってきているけど、革の代替品までのクオリティにはなってない。

 

 

とある、日本の靴メーカーでは地元の畜産業者に掛け合って、苦労して原皮を手に入れ、鞣したりしているけど

良い革には程遠いらしい。

この辺は、また今度ね。

 

さて、これから革というものは、どうなっていくんだろうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です