登山靴といえばGoroなのだ!ゴローに違いないのだ!他に色々あるけど(^_^;)

突然寒くなったり、暑くなったり、気温変動が激しいですが、皆さん生きてますか?

suzpanでございます。

今日は特別なチャッカーブーツでGO。
巣鴨で長年、登山家たちの足元を守っている老舗ゴローのブーツです。

 

金を払って買っている靴はドレスシューズばかりだが、ある日突然思い立って、ゴロ―に子連れで赴いたのである。

キッカケはスゲーまぬけだが、知人がゴローで勤務している人だったということに、気づいたから( ̄▽ ̄)

まさか、知り合いにゴローの中の人が居るなんて思ってもいなかった、、、。

植村直己や三浦雄一郎も作ってるゴローのブーツはマジで良いです。
足の形状だけでなく、歩き方や歩きクセまで考慮してくれて、作ってくれます。
しかも、登山靴は命に関わるパーツということで、すんごい頑丈に仕上げてくれます。

オーダー時に登山をしない自分はタウンユースとしてチャッカーブーツかワークブーツか悩んでおりましたが、前者に決定。しかも、無理言ってコンビにしてもらいました。
Kさん、┏○)) アザ━━━━━━━━ス!

先ずは裸足になってから、①足の各種サイズ測定に始まり、くるぶしの位置や、足のタコや爪をチェックされ、しまいには、他の人には無い外脛骨があるってことまで診断された。

外脛骨とか、そんなのが自分の足にあるなんて知らなかったわ(´・∀・)

まあ、聞いたら珍しいものでもないらしいし、とりあえずスルー!

自分の足は左右の長さが異なるので、結果的に、右25.5,左25.75というサイズで作成してくれるそうです!
そんな微妙なサイズを仕上げてくれるなんて、助かるわぁ(・∀・)
で、仕上がりは約2ヶ月後。
受取りに行くと、登山をするほどの冒険野郎ではないのに、チャッカーブーツですら

革が分厚く、ごっつくて、しかも頑丈でビックリ!

片足で約1キロ近くあった( ゚д゚)

履き甲斐があるってもんだ!って思っていたら、
実際、この靴で長距離歩いても、全然疲れない。
ビブラムソールだけではない、革と重さと釣り込みの丁寧さなのだろうか?
細かい部分では登山靴らしく荒い部分もあるけど、間違いないのは、この靴に対する安心感。
なんだろう、ビジネスには向かないけど、週末の遠出はコレにほぼ確定してしまったかも。
とりあえず、宣伝ではなく、あくまで実感であることを最後に付け加えておこう。
あえて言うぞ、普通に買ってるから!(・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です