宮城興業!パターンオーダーを進化させたアグレッシブさに惚れたぜ!

はい、どーもsuzpanでございます。

最初のパターンオーダーはリーガルだった。

しがないサラリーマンだったこともありパターンオーダーの経験なんて数少ない。
ようやく片手を超えたくらい。でもって、最新のオーダー靴は宮城興業である。

 

仕上がった靴はバキッとコンビ!
派手すぎるくらいが、ジャケパン出社の自分にとってはちょうど良い感じ。
自分がオーダーする際はコンビが多いけど、理由は簡単。
オリジナリティが出るし、自身の天邪鬼な性格も納得できるからというガキみたいな訳なのである( ̄▽ ̄)

埼玉県白岡にあるショシュールさんに依頼したのだが、ここではメジャーでの実測に加えて、3D機材でも計測してくれる。
デジタルとアナログの両面から測ってくれるので、何故か安心。
都心部にある店舗とは違い、ゆっくりとお話ができるのもありがたいのよ。

で、自分の足を測ってもらったら、足幅がBとCの中間くらいだと初めての知ったわ。
そんなに細かったらEEEウィズなんて緩いに決まってるよなぁ(´・∀・)

しかも、左右の大きさが違うことも分かってたが、今回の靴は小さい右足に合わせて、Bウィズに決定。少し大きい左足には乗せ甲(ググってね)を無料でしてくれるとのこと。
そこまでのカスタムは今まで経験が無いから、嬉しい限り!

仕上がった靴の履き心地は色んな意味でベターである。
履き心地はもちろん、今迄にはなかったフィット感。
足にとって自由な感覚を手に入れた、とでもいえる気持ち良さがあった。

とはいっても最初から全てがうまく行く訳では無い。
実際に歩くとチゼルトゥのロングノーズを実感する。
爪先が反る前に爪先自体がガッツリ削れていくヾ(・ω・`;))ノぁゎゎ

自分は逃げるように行きつけの修理屋さんに飛び込みハーフソールとトライアンフスチールを付けましたな( ´ºωº` )

あと数足作ってみれば宮城興業製のクセも分かるので、自分の理想に近づくだろう。これこそが、宮城興業興業でオーダーする醍醐味だと思う。
何度かオーダーして、自分で足を労わってあげ、足クセと宮城興業製の相性を考慮し、ビスポークと比べられないくらい破格で理想の靴に近づける。マジで面白い!

ちなみに、自分の次回オーダーでは、エッグトゥにし、ワンサイズ小さくして、ウィズアップ+乗せ甲でチャレンジ予定。

何事も理想に近づくには時間を擁するわけだが、ソレを楽しみに変換してくれた宮城興業さんに乾杯だ!
( ^^)/▽▽\(^^ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です