宮城興業カスタムオーダー スクエアトウの履き心地

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

もうすぐ、クリスマスですな。

 

さてさて、宮城興業のカスタムオーダーでCウィズのラウンドトウ(エッグトウ)とスクエアトウ(チゼルトウ)を同時に作っておりました。

もちろん、両方ともグッドイヤー製法でございます。

いつかは九分仕立てで作ってみたいものです(^_^;)

 

最近そのスクエアを頻繁に履いたので、履き心地について気になったことを書いてみようかと。

 

 

宮城興業のスクエアトウは若干ロングノーズですね。

なので、足長に対する捨て寸が多いです。

木型も異なるでしょうね。

 

自分が作ったのは今までに4足ですが、そのうち2足はスクエアトウ、1足はラウンドトウ、1足はです。

リーマン時代には多くの日々をジャケパンで通っていたので、カジュアルっぽい感じで作っていました。

カジュアルスタイルにスクエアは合いますね。

実際に履くと、それほどロングノーズ感は無いですから、いい感じになりますね。

ビジネススタイルでプレーントウなどを作っても面白いかもしれません。

 

ただね、ロングノーズであることに変わりませんから、歩き方によっては爪先が引っかかる場合もあるかもしれません。

自分の場合は、階段を上がる時に、何度かウェルト部分を擦ったことがありますね。

また、個人的には足を後ろに蹴り出す際に、爪先がかなりな勢いで削れるので、スチールトウは間違いなく付けますね。

 

ロングノーズの靴を多く持っている人は気にならないのでしょうが、この辺は作ってみて、履きながら考えるしかないでしょうね。

履きながら得られる高揚感の度合いは、かなり高いですからね、色々と履いてみて、これからもあーだ、こーだ言うのが楽しいんだと思ってます( ´▽`)

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です