リーガルのパターンオーダー

suzpanでございます。

 

日本の最古参ブランドの一つ。

リーガル!

元々はアメリカのブランドですけどね、まぁその辺は今回はスルーで(笑)

 

そのリーガルのパターンオーダーを何度かしたことがあります。

いわゆるBUILT TO ORDERってやつです。

 

昔は3万円代でしたけど、今は5万円弱、、、。

個人的にはそれでも安いと思いますね。

日本の革靴ブランドとして最大手のリーガルがエンドユーザーの為にオリジナル一足を作るのにこんなに安いってのはすごいかと。

 

今回の靴は3足目。

ちょっと冒険してコンビにしてみました。

型押しのブラウンとキップのブラック。

 

カジュアルな時にメインで履いておりました。

なかなか良いです(*゚▽゚*)

 

でね、今まで3足作って、気になったこと。

 

  1. リーガルのオーダーではDが最狭幅。
  2. スクエアトウよりラウンドトウ。
  3. キップの革が上質。

 

1については、自分の足はJIS規格でいうと、サイズ25.5~26.0でウィズがBかC。

なので、25.5サイズでDウィズとして発注することになる。

若干爪先がキツめになってしまうけど、パターンオーダーだから致し方ないところ。

ただ、他メーカーのパターンオーダーではウィズ調整ができないところも多いので、リーガルは全然良いです。

 

2については、好みもありますが、自分はラウンドトウ一択です。

以前の2足はスクエアトウ。両方ともシックではあるのですが、恐らくラウンドトウの木型からスクエアトウを削り出した感じかなと、勝手に思ってます。なんとなくアンバランス。

なので、リーガルの靴においては、やはりラウンドトウの方が靴として軸がしっかりしてる感じがしますね。

 

3については、キップが非常に上質でカーフとそれほど違いが感じられないくらい。

オーダー品には質の良い革を使っているのかもしれませんが、とにかくキメが細かい良い革です。

 

もし、リーガルでオーダーを希望する人がいらっしゃったら、印象の良い店舗に行ってくださいね。

相性の良い店舗に行くと、気持ちよくオーダーできます。

逆に相性の悪い店舗に行ってオーダーすると、色々と不安になるかもしれません。

 

REGAL全店舗でオーダー可能なわけではないので、要注意です(゚Д゚)ノ

 

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です