My Life, Shoe Life

セールで購入するのは、、、

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

会社を起業する際に、法務局に行き、上尾市税務署に行き、県税務署に行き、市役所に行き、年金事務所に行き、、、

各所向けの書類を作らせるとか、、、

もうね、副業をさせるとか、起業家をたくさん作るとかね、言うならば、この辺を単純化させたらよくね?

 

結局は起業家を作りたくないってのが、分かるのよねえ。
まあ、起業する人はそれくらい乗り越えてこい!って感じなんかもしれんだけど、このシステムは変わらんだろうなあ、、、

 

さて、今日もグチが終わりまして、

今日は既製靴メーカーのセールで何を買うか?

ってことでね。

 

ちなみに、下記写真は以前に赴いた大塚製靴のセールですね。

 

結論から書くと、セールだからこそ、高い靴を買いましょう。

ぶっちゃけグッドイヤー製法で革底あたりが良いでしょうね。

 

 

セールだからって、安いものを買うと微妙な結果になるかもしれませんよ。

 

何故か?

 

 

そもそも既製靴のセールって何?ってことですけど、

基本は在庫を吐き出すためですね。

 

在庫を抱えていると、それに対して税金が加算されるのが、今の日本です。

 

ということで、課税対象を減らすために、安売りするんですね。

 

 

あとは、B級品などの処理もありますね。

 

 

さてさて、そうなると、定価で高い靴も安い靴も普段の価格から落とすことになります。

 

 

人気の無い靴は倉庫に長い期間残っている可能性がありますよね。

 

セールでもそこそこ高い靴は革底だったりグッドイヤー製法だったりしますから、ソールの張り替えもできるし、高級感もありますよね。

セールで安い靴ってのは大抵、人気がないデザインだったりしますが、デザイン以上に気をつけたいのが、ウレタンソールを用いた靴です。

 

 

ウレタンソールって原材料がポリウレタン、、、っていうんですが、

寿命は5年とか10年とか、、、

 

 

もちろん、買ってからではないですよ。

 

靴を作られたときからでもないです。

 

 

原材料からウレタンソールが作られたときからの寿命です。

 

 

 

さて、そうなってくると、セールのときに手にするウレタンソールの靴寿命がいつか?なんて不明です。

セールで売っている人だって知る由もありません。

 

 

ただね、せっかくのセールだからって安価な靴を求める人が多いのも事実。

 

このブログを見ていただいている人はね、是非セールでも良い靴(足にフィットしていて、テンションが上がる靴)を買ってくださいね。

安物買いの銭失い、、、オトナならば、これだけは気をつけましょう(笑)

 

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。