My Life, Shoe Life

サイズ表記問題、、、

はい、どーも革靴人の鈴木でございます。

 

今回はサイズ。

 

靴のサイズってね、ぶっちゃけ履き比べないと分からないんです。

というのも、サイズってね世界中でバラバラ。

日本でもバラバラ。

もっといえば、

同一メーカーであっても、木型によってバラバラ。

これ問答無用で事実です。

 

 

日本で25.5、UKで7、フランス・イタリアで40.5、USで7.5が近似値と言われています。

それを基に靴屋さんで履いてみたら、想像以上に大きいとか小さいって経験ありません?

 

実は、これって本当にざっくりとした数値なんです。

なので、実際には履かないとアナタに合うのか分からないんです。

 

というのも、、、

①実は各国で靴の測り方って異なります。

細かいことはググってください。※手抜きではないですよ(^_^;)

靴に対する考え方ってのは各国異なりますしね、当然のようにサイズ相違ってありますよ。

これはぶっちゃけ、仕方ない。

 

②同一国内の各メーカーによっても、サイズ表記が異なります。

日本にはJIS規格というものがあります。

でもね、JIS規格ってのはあくまで基準となるだけで、実際の靴サイズとは異なるんですね。

例えば、A社は「これが我社の25.5です」といってもB社の25と同じ数値の場合があったりします。

 

③同一メーカーであっても木型によってサイズ感が異なります。

A社が「新デザイン向けの木型」を作ったとしても、「旧モデルの木型」とボリューム感が異なりますから、

実際にはワンサイズ程度変化することも多いです。

 

 

ということでね、実際に購入するために既成靴を試し履きする際には、ぜひ前後のサイズを履いてみましょう。

でないと、本当にアナタの足に合うのか分かりませんよ。

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。