コンバース made in USA

スニーカーの話題が続くなぁ、suzpanでございます。

自分の靴コレクションからナイキ、リーボックなどのウレタン底スニーカー達が加水分解により殲滅された中、ラバー素材のコレだけは生きてるんだな。

もちろん、今は無きmade in USAたち([∂]ω[∂])

まさかコンバース社が倒産し、
日本の商社に救済され、
結果ナイキにドナドナされる、、、

そんな未来なんて予測してなかったなぁ。
盛者必衰の理とはよく言ったもの(・∀・)

ちなみに、コンバースのバルカナイズ製法も修理できない製法。

構造的には用意ではないけど、スニーカーも簡易的に修理できるようになれば良いのになぁ。
そうすると、スニーカーメーカーは儲からないのだろうけど、そんなスニーカーがあって良いかと思うのよね。
スニーカーが1足3万円で、ヒールなどの部分修理3千円、オールソール8千円くらいってのはどうでしょう?

医療系製靴技術から発展したニューバランスだけは、上級ラインナップのみオールソール対応しているよね。
オールソールで1万円超えだもんなあ。

他のメーカーもやってほしいなあ( ´・ω・` )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です