グッドイヤー製法一択!、、、っていってもね

はい、どーもsuzpanでございます。

 

靴好きな人で、製法が気になる人は多いですよね。

自分もその一人(^O^)

 

 

でもって、

「グッドイヤー製法が良い」っていう人が圧倒的に多いですよね。

 

 

セメント製法は修理できないけどグッドイヤーは修理できる。

マッケイ製法よりもオールソールできる回数が多いし、頑丈だし、、、。

 

みたいな感じでね。

 

 

 

ただね、

 

 

盲目的に「グッドイヤー」ってのはマズイかなと思ってます。

 

それぞれの特性を理解した方が良いかなと。

 

 

 

特にグッドイヤー製法ではリブテープを接着材で中底に付けますから、他の製法よりも圧倒的に反りにくいです。

反りにくいってことは、歩きにくいわけです。足が頑丈でない人にとっては、歩行自体が負担になるかもしれません。

そんな人には、ハンドソーン、マッケイ、セメントの靴を薦めるべきでしょうね。あとは支払える金額次第かなと。

 

 

ちなみに、グッドイヤー製法で作っている高価格帯のスニーカーもありますからね、

スニーカー選びのときも注意が必要ですよ(^O^)

自分で選ぶときも、他人の靴選びに付き合う場合でも、その辺をチェックしながらだと、楽しいです。

 

 

個人的には、生活スタイルに合わせて使い分けるのが本当の「靴好きな人」なのかな、、、と勝手ながら思ってます( ´▽`)

 

 

ということで、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です